ドクター紹介

植村元貴

ドクターから皆様へ

美容外科の治療が心配な患者さまへの最高の配慮。

 

「美容外科の治療」と聞いて、皆さまはどんな印象をお持ちですか?
日常的に治療を行っている私たち美容外科医にとっては「普通」のことでも、初めて治療を受けられる患者さまにとって、「美容外科の治療」というのは「普通」ではなく「特別」なことであり、不安や心配も多くあると思います。
そんな患者さまの気持ちを理解するためには、私自身が患者さまの目線に立つ必要があると思い、これまでいろいろな美容外科治療を受け、時には自ら自分自身に施術を試みました。
下記は、私がこれまで実際に体験した施術の一例です。

今までに受けた施術
二重埋没法、目の下のふくらみ取り(クマ取りの施術)、ワキガ吸引法、ワキ汗ボトックス注射、各種光治療、レーザー治療、ピーリング、ヒゲ脱毛など。

自分自身で行った施術
糸のリフト(スレッドリフト・フェザーリフトなど色々な名称があります)、ボトックス注射(額、眉間、鼻根、目尻、目の下、口角上げ、エラ(小顔))、ヒアルロン酸注射(ゴルゴライン、ほうれい線、口唇、アゴ)など

※一部インスタグラムにも掲載していますので、ぜひご覧ください。

「どの瞬間に怖くなるのか、痛みを感じるのか」
「どの瞬間から楽になるのか、どのような効果が感じられるのか」
患者さまが感じる不安や心配を実際に自分自身で体験することにより、
「患者さまにとってどの治療が必要で、何が不必要なのか」
「どうすれば治療中の苦痛や不安を極力やわらげることができ、どんな風に治療の効果を感じることができるのか」
「治療による痛みの程度や場所、ダウンタイムがどれくらいなのか、そしてその結果どのような効果がいつ現れるのか」
それらを理解し、患者さまに伝えることができます。

つまり「自分自身が受けているつもり」で患者さまに施術することができる、それが私の行っている治療なのです。

今後も新しい治療法があればまずは自らが体験し、効果やリスクを十分理解したうえで、実体験をもとに良い点・悪い点を実際の治療にフィードバックできるよう努力を続けていきます。

常にレベルの高い美的センスのある施術を提供します。

 

美容外科の治療をキレイに仕上げるにあたり必要な条件は何だと思いますか?
「外科的技術が熟練している」
もちろん必要なことですが、技術があればキレイに仕上がるものではありません。
「丁寧に治療をする」
これもとても大切な条件ですが、丁寧に線を描けば自動的にキレイな絵が仕上がるわけではありません。
「多数の経験と豊富な知識がある」
治療をするうえで前提条件ではありますが、数をこなし豊富な知識があるからと言って必ずしもキレイに仕上げることができるとは言えません。

では、あと何が必要なのか?

それは、施術する美容外科医の「美的センス=“感性”」です。
この条件をクリアしているかどうかで、キレイに仕上げることができるかどうかが変わってきます。
しかしながらこの感性は、経験を積んだからといって磨かれるものではありません。
美容外科医を天職としている私の最大の自信は、まさにこの「感性」です。
生まれ持った感性を、これからも多くの患者さまのために活かしていきたいと思っています。

植村美容外科は組織の拡大を行いません。

 

一つのクリニックで得られる収益には限りがあり、収益を上げるためにはクリニックの数を増やし分院化する必要があります。(分院化する理由は他にも色々あります。)
そのためには、ドクターやスタッフの数も増やさなくてはなりません。
ここで重要になるのが施術を担当するドクターです。
人間は機械ではないので、私と同じスキルや感性を持ったドクターを何人も揃えることは現実的に不可能です。
仮に凄腕のドクターがいたとしても、その人はすでに自らのクリニックを開いているでしょう。
私が美容医療を施すうえで唯一信頼しているのは「自分自身の腕」のみです。
これを他のドクターにお任せすることはできません。
何より、たとえクリニックを増やすことで収益が上がっても、そのせいで美容外科治療のクオリティが下がってしまっては、結果的に患者さまにとって不利益になってしまいます。
ですから、私は分院を作り収益を上げるのではなく、この植村美容外科ただ一本でこれからも患者さまの治療にあたっていきたいと思っています。

私がいちばん大切にしたいこと。

 

「患者さまと一緒に悩み、そして喜ぶ」
それが美容外科医として私が一番大切にしていることです。
組織の規模が大きくなる中で、このたった一つの大切なことを見失ってしまうことがありました。
その度に自分の中に生じる矛盾に葛藤し悩んだことが、開業を決意したきっかけでもあります。
これからは、本来の医療サービスの原点に戻り、「患者さま第一主義」のクリニックを目指していきます。

経歴

新潟市出身
1998年 新潟大学医学部 卒業
同大医学部 第一外科 勤務
2005年 品川美容外科 入職
2007年 品川美容外科 新潟院院長
2014年 品川スキンクリニック 新潟院院長
2015年 植村美容外科 開業
【資格】 ● 医学博士
● 美容外科専門医(JSAS)
● 日本美容外科学会会員
● 日本先進医療医師会会員
● ミラドライ認定医

 

美容外科専門医 ミラドライ認定医
Scan1 scan2
Scan3-300x211